臆病者の一撃@

思いついたことを適度に

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、ハモンです。
今日は、昔話をしたいと思います。

3年前、自分はMapleStoryというゲームをやっていた。
その中で、様々な人と出会い、様々なサイトに出会い、様々な考えに出会い、実に様々な経験をしてきた。
最初は同級生に誘われ、「無料」の2文字に釣られて始めた夏休み。
何も知らず、無邪気に遊んでいた。たまたま通りかかった人と喋り、友達になり、共に狩りへ行き、戦い方、育成方法を教えられた。
色んな場所へ遠征に行った。それこそ一撃で倒されるようなところにも、たくさん。
世界を知り、世界を冒険するために一目散にレベルを上げ、また新たな友人と出会い、語り合い、遊び合い。そうしてるうちにまた新たな友人と出会った。その繰り返しだった。
インターネットがどういうものかを知り、ブログや攻略サイトの存在を教えられ、自分が今まで出会ったこともなかった考え方に辿り着き、たくさんの育成法を見聞きし、実践し、挫折し、そしてまた新しい育成法に辿り着く。
新しいキャラクターを作るたびに新しい友ができ、新しいギルドに入るたびに新しい仲間ができ、実生活だったら喋る機会なんて全くないような人と楽しく会話し、一緒に遊んだ。
課金をしたくてもやり方がわからず、頑張って調べてやり方を覚えて、ドキドキしながらコンビニでNEXONPOINTを買い、手に汗を握りながらパソコンに向かった。
手も届かないような領域にいるプレイヤーのブログを読んで興奮し、自分なりに育成方法を考えて実践し、挫折してキャラクターを作り直す日々。
2年間やってきたけど、結局初めて3次職になったのは確か1年半ぐらいたった後だった気がする。初めて4次職になったら、もうそこで俺は満足してしまった。
1年半も2次職でいたおかげか、俺は他の人の何倍もの体験ができた。
オンラインゲームは時間の無駄だという人もいるだろう。確かに時間をむやみやたらに消費している人もいる。でも、俺は普通に中学校に通っていただけじゃ味わえないようなたくさんの経験を積むことができた。他の人に比べれば友達と一緒に過ごした時間は短いだろう。でも、後悔はしていない。同級生が誘ってくれた時、やってみようと思わなかったら、俺はきっと平和にのほほんと生きて、いきなり社会の荒波に放り出され、大変な生活をしていただろう。
俺がMapleStoryをやっていた頃の知り合いや、参考にしていたブログ、攻略サイトを運営していた人のほとんどはもう引退してしまった。すぐに連絡を取れる人は数えるほどだ。でも、俺は彼らの事を忘れることはない。彼らのおかげでそれぐらい密度の濃い時間を過ごすことができた。
今のMapleStoryでは、俺がしてきたような経験が出来ないと思う。噂によるとwikiのおかげで情報収集が簡単になった分、ファンサイトの需要が減り、攻略サイトは更新されなくなっていったと聞く。また別の方法で体験できるかもしれないが、それは俺には分からない。
だが、少なくとも、俺がMapleStoryを通して体験したことは、俺の中で大きな糧となっている。


そんな、昔のことをふと思い出し、懐かしさに浸っていたハモンでした。
それでは ノシ
スポンサーサイト

ハモン

Author:ハモン
昔、メイプルストーリーというゲームにおいて、なつめサーバーではアビヌス、かりんサーバーではハモンという名前で遊んでいました。現在遊んでいるゲームでもこれらに準ずる名前を使用しています。
徒然なるままに、書きたいことを書いていきます。
リンクはフリーです。

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。