臆病者の一撃@

思いついたことを適度に

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 お久しぶりです。ハモンです。
 7月に入っても気温が低いままで、やっと近年の猛暑から逃れられるのかと思ったら昨日から急に気温が上がり始めましたね・・・電気代があがってしまう・・・

 さて、私は少し前からとあるオンラインゲームでとあるギルドに参加しました。そのゲームではいわゆるギルド対抗戦がゲームのエンドコンテンツとなってまして、ギルドメンバーが何人も集まって競い合うわけでして、私が参加したギルドもちょうど私が参加したころからギルド対抗戦に参加し始めたわけなのですが、上手い人たちが集まっているわけではなく、どちらかといえば下手糞な人達が集まっているので(といってもこのゲームは下手糞な人達の割合が圧倒的に多いゲームなのですが)戦うギルドのレベルがあがるにつれて勝てなくなっていき、参加者が下手糞であるが故に選びにくい戦術がある事がわかったり、個人レベルで立ち回りがまずかったりと、参加者の腕が足りてない(というかそもそもエンドコンテンツに参加するような腕じゃない)ために負けてしまう事が多々ありました。参加者はおそらくその事を自覚しており、悔しがっており、もっと上手くなりたい!と言ってはいるのですが、ギルド対抗戦が終わってしまえばギルドメンバーとぺちゃくちゃおしゃべりをしながらゲームをするだけです。トレーニングルームのような場所で練習する事も可能なのですが練習はせず、勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。ただそれだけなのであります。
 しかしギルドの上層部の人達はもっと強いレベルの戦いへ参加したいらしく、ギルド対抗戦が終わった後戦術面について反省会を開いているのですが、根本的な問題である個人の技量については特に言及せずにいるのが現状です。
 このような現状を見ていると、どうも「勝ちたい!」と言っているのは口だけで勝つために上手くなる気はないんじゃないかと思えてきます。多人数でPvPするゲームなのですが、自分の実力は棚に上げて下手糞な味方の批判をしてたり(お前もだろ!)、勝てないからとひたすら味方の愚痴を垂れ流していたり。上手い人のプレイを参考にするわけでもなくただ惰性でゲームをしているような、しかし口だけは一人前で…でもそういう人って多いですよね、近年よく見かけます。
 私がメイプルストーリーをやっていたころはオンラインゲームをやっているのなんて暇な中高大学生か引きこもりかニートかゲーマーぐらいのものでしたが、最近はいい大人もプレイしているようで、30代40代50代の妻子持ちおっさんもたくさん見かけます。オンラインゲームも新しい時代になっているのかなと感じます。新しくリリースされるオンラインゲームって今までの(もう10年ぐらい前の話だけど)韓国ゲームより洋ゲーっぽいものの方が多いですよね。
 話を戻すと、口先野郎がたくさんいていやになってきたって事です!このまま8月頃まで続けてみて、ダメならやめることも検討中・・・っていうただの愚痴でした。
 それでは、ノシ
スポンサーサイト

Author:ハモン
昔、メイプルストーリーというゲームにおいて、なつめサーバーではアビヌス、かりんサーバーではハモンという名前で遊んでいました。現在遊んでいるゲームでもこれらに準ずる名前を使用しています。
徒然なるままに、書きたいことを書いていきます。
リンクはフリーです。

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。