臆病者の一撃@

思いついたことを適度に

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 久しぶりのpick&ban記事です。The International 2016 Grand Final Game 1 から、DIGITAL CHAOS(以下DC) 対 THE WINGS GAMING(以下wings)の対戦です。今回はpick順(1~20)で統一します。ラインナップは
dc 1.resolution 2.w33 3.moo 4.saksa 5.misery
wings 1.shadow 2.blink 3.faith_bian 4.iceice 5.y
となってます(数字はポジションです)。


ti6_dc_wings_1.png


・1~4
 shadowdamonは最近よく用いられるサポートですが何故banしたのかは不明です、drはshadowのdrowrangerですが1stbanするほど脅威的か?と言われるとそうでもないような気がするんですよねぇ…TI6においてmiseryのETはそこそこのゲームインパクトを出せていたように思います、お互いにmiranaはmidが持ちキャラとして持っていて、1stpickがwings側にあるのでDCはここでbanしたのではないでしょうか。
・5~8
 IOはチーム戦をやるときには必ず手札として持っておきたい札です。timberとtimberに対して2番のスキルがアンチであるkeeper of the lightをとりまして、残るtimberのアンチはこれまた2番のスキルがアンチであるvoidだけです。kotlを取られてからstormspiritを取るのはいかがな物かなと思います、stormもkotlの2番がアンチスキルなので、それ見てからpickしたのははたして何故か。
・9~12
 IOのリロケートやstormとも相性のいいbatriderをban、一方でresolutionのmorph(TI6でも猛威を奮っていた)からのnyxbanは謎、wingsの3番手faith_bianがnyxでいい働きをしていたからでしょうか。対してtimberやkotlともそこそこ相性がよく、IOやstormと極端に相性の悪いnagaが消えていきました。
・13~16
 謎のogreです。今大会ではogremagiが程よくpickされていましたがこのheroがここまでpickされるのは正直謎です。slardarを取って、この後1番手にlifestealerを取りslardarとlifestealerのコンボピックにstormとIOのリロケートでgank合戦をしようかと言うところで、余っていたtimberのアンチであるvoidを見てからのsilencerです。silencerはvoidというかbigult勢のアンチではあるが…?この時点ではsilencerがsupportでlastpickにlifestealerかなぁと思ってました。
・17~18
 banされてしまったlifestealerことnaixさん。一方でwingsは余っているmidとして、voidとの相性がいい<a title="Death Prophet">DP</a>をbanしていきました。
・19~20
 まさかのpudge!そしてsilencercarryか?という疑惑が浮上、stormが活躍するかしないかが焦点になりそう。と思っていたらlastpickはskywrathmageというstormに対する簡単なアンチピック(範囲がそこそこある即着のsilence持ち)を取られてしまって。もう本当にstorm次第というpickに


 試合結果としては、midにいったstormがskywrathmageに完全に抑え込まれてしまってどうしようもありませんでした。とさ。肝心要の1コアであるstormに対してアンチピックを2体も取られてしまってはもうどうしようもないといった感じでした。

 簡単ではありますが、pick&ban記事でした。それでは、ノシ










スポンサーサイト
祝!!THE WINGS GAMING 優勝!!!!!!!!
 という事でね、以前の記事でもお伝えしてる通り、wingsが一番お気に入りのチームだったわけですが、upperbracketをぽんぽんと勝ち上がり、grandfinalにてDCを3-1で破り、TI6の覇者となりまして、感無量のなわけであります。私の目に狂いはなかった!ありがとう!!(正直DCが勝つと思ってました。wingsを応援してたけど、dcの方が実力が上だと思ってました。何分groupstageでtnc相手にdrowrangerを2回pickして2回とも負けていたので、そういう事をまたやらかすんじゃないかと思っていました。)wingsが優勝したので特に書くこともないんですけど、そういうわけにもいかないので各チームをざっと振り返ろうかと思います。

・OG
今大会で圧倒的な優勝候補であったにも関わらず、maineventでは1勝しかできなかった悲しいチーム、対MVPで、PAを2回渡したのは慢心だと思います。OGのコーチがしっかりとgroupstageのリプレイを研究してなかったのでしょう。この試合は少し見ていたのですが、PAを2回渡した時点でOGの負けかなと思ってました。対TNCの試合はまだ見てないので、これから見ようと思うのですがpick(banは見てない)を見る限りpick負けかなぁと思うので、このブログでpickが勝敗を分けるといってpickを見る記事から始めたのもやぶさかではなかったのかなぁと思いました。
・MVP
forevのio&BBとaxeについては各チーム研究していて1st2ndでbanしてましたが、QO(MPだっけ?)のPAが想定外だったみたいですね。ただ、fnaticのioとaxeとpa全部banされたらどうするん?という問には何もできず、3herobanされてしまって敗退となりました。
・DC
強かったですね、groupstageの前にこの強さに気づけて記事にも書けた自分を褒めたいです。grandfinalに進んでも何もおかしくない強さを持っていました。今後のロースターチェンジでメンバーを変更するのか気になりますが、このまま続けてほしいですね。
・wings
wingsはワシが育てた、嘘です。6.87になる直前の大会でliquidを倒して優勝したとこから見てました。一番のお気に入りです。弱点であったshadowがTIのgrandfinalでshadowのamで優勝を決めれる所まで強くなっていて、漫画のような成長だと思います。跳踏跳踏は完成度があがり、faithbianは私いわく世界一のオフレーナーでサポート陣も世界最高レベルのサポート二人となっています。grandfinalではshadowのFVの陰に隠れてましたがYのoracleもたくさんの素晴らしい仕事をしてました。このままのメンバーで突き進んでほしいです。
・ehome
コーチがしっかりしているチームには勝てませんでした。という事でしょうか。best6ですかね?実質best8ということで私の見解はあまりずれてなかったみたいで一安心です。中国はロースターの変更が激しいのでどうなりますかね。
・[A]
こんなもんでしょう、[A]ですし、[A]は好きですが優勝する器ではないと思ってます。でも大会に出てくれてるとうれしい、そんな存在です。
・EG
弱かったですねぇ、zaiのioとppdのchenはbanされるほどのインパクトは出せず、なんでaui蹴ったん?と今頃英語圏ではいじられてるんではないでしょうか、3位なんで強いじゃん、という声もあるでしょうがsumail fear universe zaiがいてチームの完成度があれじゃあねぇって感じですね。2位のチームに圧倒的大差をつけて優勝してもおかしくないメンツのはずなので…
・newbee
kakaの挑戦は終わってしまった!27連勝でしたっけ?したころから戦い方もpick幅もあまり変わってないので大舞台で勝ちあがれないのは仕方ないかなぁと思います。数か月前の対策ぐらいちゃんとするってことですね。
・TNC
OGにpickというのは正義なんだよという事を教えてあげた優しい人たちです。demonが入っただけ(だけかは知らない)でこれだけ結果を残せたので、demonという人は有能なんでしょう。この人達がどこに行くのか、アジア圏外のチームからも声がかかるかどうか(英語は話せるはずなので)が気になります。
・VGR
実力通りの成績じゃないでしょうか、offの方がvisaで来られずコーチの方が代わりに入ってたはずなので、それが心残りでしょうかね。ただ実力通りの成績だと思います。
・secret
rtzは疫病神って事ですね、rtzはrtzをおだててくれるような、姫プレイしてくれるようなチームじゃないとrtzのプレイスタイルの都合上無理って事でしょう。EEでも無理なら他の誰もrtzとの2コアは無理だと思います。この記事を書く直前にアタッカーがsecret入るカモ?という都市伝説レベルの噂を耳にしたんですが本当でしょうか。とにもかくにもpuppeyじゃなくてEEにpickしてほしいですね、puppeyのpickは嫌いです。まぁロースターで一番人が入れ替わるヨーロッパチーム(ソビエト圏除く)はここじゃないですかね。
・LGD
ここもvisaで誰か来てない?かもしれないしきてるかも、septemberっていうサポートの人が来れてないはずなんですけど来れてるかも、groupstageの初日か二日目の結果がよかったのがハイライトでしたね、secretをlowerbracketの1回戦でしっかり倒してくれたのはよかったです。xiao8はtide好きですよね良く0manravageしますけどね。
・fna
maineventにおいて私が一番予想できなかったチームですね。4位でしたっけ?ここまで勝ち上がれるとは思ってませんでした。mushiが今のOGのnotailみたいにmidoneに色々してあげてる(自分が育って大活躍するのは諦めて、midoneにその役を譲っている)ようになり、一方でmushiのalchemistが大暴れして勝ったりとOGと似た戦術に変えてきたのが生きたのでしょうね。miracleとmidoneでは現状miracleの方が上ですが、midoneの伸びしろはとても大きく感じるのと、notailとmushiならmushiの方が強いと思うので今後OGより強くなる可能性は十分秘めてると思います。
・esc
ti6の前もよく知らないし(チーム名変わったらしい?)ti6後もよくしらないという、16チームで一番印象が薄いチームになってしまいました。ソビエト圏のチームはすぐ人代わる上に国際大会に出てくるのは1,2チームなので全然覚えられないんですよね。というわけで何も感想はないですすいません。
・Navi
どうなりますかね、明らかに少しづつdityalaとgeneralが成長しているので、あと2年ぐらいたてば世界の第一線に立てるかなぁ?とは思うんですけど、現段階では優勝するのは難しいわけで、どうなりますかね。OGがnotail蹴ってdendi引き込んでmiracleが1番手やれば最強チーム完成するんですけどね、naviはやれるだけの事はやったと思います。初戦の相手が他のチームだったら1回か2回は買ってたと思うのでくじ運悪かったですね。
・liquid
やっと負けてくれましたね。mainevent4日目くらいまでのlowerbracketは全然見れていないんですが、fataのDPをbanされてしまった時にliquidは2本取ることができるのか?というテーマについては答えが出たんでしょうか。liquidの成績はbest16という事になるんですけど実力からすればここが妥当だと思います。なぜ今まで勝っていたのか本当に不思議で仕方がありません。jeraxはかなり高いレベルのサポートプレイヤーになりましたがmatumbamanは結局強くなりませんでしたね。ここも3人ぐらい入れ替わるかなと見てます。


 16チームは多いですね、私としてはwingsが優勝してくれたのでTI6は大変満足していて、どちらかといえばこれから起こるロースター変更の方に目が向いています。TI6に出てないプロで動向が気になるのは、元VPのG、現viciのctyとシークレットでコーチをしてるっぽいauiですね。Gとctyの1コアは是非もう一度見たいですし、aui程のサポートが浮いてるってのはびっくりです。EGがppd蹴ってauiをサポートに入れたら半年後には世界最強になっていそうですが果たしてどうでしょうか。dendiはnaviから移籍しないんでしょうか。

 それでは、ノシ
  groupstageが終了しましたね。groupAはwingsgamingを中心に、groupBはMVPとDCを中心に観戦してました。結果を見てますと、groupAは順当な結果と言えるのではないでしょうか。私の事前の予想だと[A]、NAVIのどちらが4位になるかは時の運という感じだったので、今回たまたま[A]がgroupstageを突破したという事ですかね。でも試合を見てる限りだと[A]の方がNAVIよりもチームとしての完成度が高かった気がします。groupBは以前の実績からすればliquidがlowersbracketに落ちてしまったというのが波乱でしょうか?liquidはなぜ勝てているか不思議なチームだったので、ここで化けの皮が剥がれたという事かもしれません。チームとしての完成度は高く、FATAとjeraxの働きぶりは素晴らしい物なのですがいかんせん1番手のMATUMBAMANが弱すぎて、大会で優勝出きるほどのチームではないと思っていたので、チームの総合力からすれば仕方がないのかとも思います。私個人としてはsecretが綺麗に負けてくれてとてもうれしいです。そのままlowerbracketの1回戦で消えていてほしいですね。あのチームの試合は、無茶苦茶なpickと戦術をEEとrtzのプレイヤーパワーで無理やり押し通そうとしてるように見えて、見ていてとても不快です。そしてそのpickを他のチームが真似して負けるというね。EEがいなければ国際大会レベルの大会で1勝もできないと思います。それだけEEが偉大だということなんですけどね。

 全ての試合を見れているのではないのですが、maineventの注目株はOGは当然の事として、wings、DC、ehomeの計4チームではないでしょうか。OGはnotail以外の4人の完成度が高く、miracle-とcritのおかげで抜群の安定度を誇っています。瞬間的にはOGよりも強いチームもいくつかあるでしょうが平均値でいけばOGが断トツの1位でしょう。notailの力がフランクフルトと比べだいぶあがっていて、くだらないミスが減り、そこそこの仕事をしつつ重要なところはしっかりとmiracle-に任せるという役割分担についてきちんと心の中で整理を付けたんだと思います。見たことはないんですがTI5前のsecretにいたs4のような役割を果たすことに徹底していて、その分ミスが減ったという事だと思います。
 wingsは私が一番お気に入りチームでして、一番見ていて楽しいチームだと思います。独特のドラフトどアイテム選択をするチームで、メンバー5人でドラフトを行っているようでして常識に捕らわれない、その場その場に合わせた状況適応能力がとても高いチームだと思います。メンバーの地力もそこそこあり、wingsを初めて国際舞台で見た時に感じた1番手のshadowの弱さ(matumbamanと同じような感覚の弱さ)もだいぶ改善されて、世界最高峰の1番手とはお世辞にも言えませんが十分戦っていけるだけの力が出せるようになってきているように思います。2番手である跳踏跳踏のポテンシャルは間違いがなく、3番手であるfaith_bianは現在、世界最高の3番手あるように私の眼には映っています。サポート陣も間違いのないしっかりとしたサポートなのですが、特にiceiceが世界最高峰といっていいレベルのサポートを行っている気がします。critやchuanがサポートとしては世界最高峰なのですが、iceice、jerax、後述するDCのsaksaも世界最高峰のサポートと言っていいのではないかと思っています。瞬間的にOGを凌駕する事も十分ありえるでしょう。
 DCに関して、そこそこの力を持っていることはわかっていましたがまさかここまでとは思いませんでした。2番手のw33はsecretを追い出されて一皮むけた感じがしますし、1番手のresolutionはなぜこの人が世界の舞台で第一人者としての地位を確立していなかったんだ(名前は聞いたことあるので昔はしていたのでしょうが少なくとも私がみていた2015年後半~2016年前半は国際舞台で名前を見かけることはなかった)というほどのすばらしいパフォーマンスを持っていまして、DCはOGやnavi、wingsみたいに2番手であるmidのw33が試合を決め、1番手は添えるだけかと思っていたらそんなことはなく、むしろ1番手のresolutionに2番手のw33がついていくというか、1番手のresolutionを信じて、2番手のw33を含め残りのチームのメンバーがresolutionの為に肉を切らせて骨を断っている感じがして、現在naviが目指している(pickを見る限りnaviは1番手のdityaraを育てて、dendiではなくdityaraで勝つチームを作ろうとしているように見えます)チームの完成形といってもいいようなチームが出来上がっています。DCは間違いなくbest4に入るでしょう。groupstageで私が一番驚かされたチームです。
 ehomeに関しては、wildcardからあがってくるチームが何故か世界的に見てbest8に入れるほどの力を持っていたという事と、癖のあるpickに他のチームが1日で対応しきれなかった(ogremagi,warlock,kunkkaあたりのサポートと、iceiceiceのテラーブレードとtimbersaw、そして何よりoldchikenのmiranaが私から見て、世界的に見ても3本の指に入るほどの完成度を誇っていた(残りはw33と跳踏跳踏))というのがあり、勝ちまくったのではないかと思います。maineventまで2日空くので、その間に各チームのコーチが対応できるのか、対戦するチームのコーチの腕前が試されるチームになったのかなと思います。強いのは間違いないですが世界的に見ればbest8ぐらい(感覚で言ってますけど)ぐらいのチーム力なので(チーム力的にはDCのほうが上だと思っています)、きっちりと対策を考えて望めば上の方のチームは勝てるはずです、eleven、lanm、fenrirに踊らされずにきっちりとold chikenとiceiceiceをしとめる事が出来れば勝てるはずです。ehomeのチーム力がそこそこあることは中国の地域予選でわかっていたので、そこにlanmのkunkkaであったりfenrirのwarlockであったり、elevenのnyxであったりといったheroにうまいこと攪乱され、他のチームは負けてしまっていると感じました。
 逆に、EGは、zaiの加入が遅かったといえどこれだけのplayerを抱え込んで、secretのrtzみたいな和を乱す人も居ず、TI5で優勝したメンバーとほぼ同じなのにこの程度の完成度なのかと驚いてます、正直OGを圧倒するほどの完成度で仕上げてくるかと思っていました。EGの試合は、他の試合の合間に見る程度で1試合通してみた試合がないので細かい言及は避けますが、見ていた限りの試合ではこれだけのメンバーでこの程度の出来なのか?という疑問が拭えない出来でして、main eventまでの間にしっかり見ておこうかとかと思います。来週になったらべた褒めしてるかもしれませんけどね。


 残念ながら私は私用でmain eventの前半は見られないのですが、後半には間に合いそうなので楽しみにしていたいと思います。最終日には東京でpub stompがあるそうなので、近くの人はそこに出かけて盛り上がるのもいいかもしれませんね!battle passにmain eventのbracket予想があったので、そのスクリーンショットでこの記事を絞めたいかと思っています。現状の私の見解だとbest4はOG、wings、DC、ehomeでして、世界ランキングのようなものがあれば順位もこの通りだと思っています。wings fan boyなので優勝はwingsにしてます。
 それでは、ノシ
ti6bracketcompedition.jpg

ハモン

Author:ハモン
昔、メイプルストーリーというゲームにおいて、なつめサーバーではアビヌス、かりんサーバーではハモンという名前で遊んでいました。現在遊んでいるゲームでもこれらに準ずる名前を使用しています。
徒然なるままに、書きたいことを書いていきます。
リンクはフリーです。

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。